MENU

中古マンションが売れないのには理由があります。

中古マンションが売れない!?驚きのその理由と必ず売れるようになる魔法のような3つの方法

 

なぜ売れない!?中古マンションが売れにくくなっている?

「マンションを売りたいのに、なぜか売れない……」
「そもそも中古マンションって、今売れるの?」

 

自宅用として、資産としてマンションを購入したは良いけれど、ライフスタイルなどの変化で、住んでいたマンションを手放し、中古マンションとして売ろうと考えた時に、多くの方は「なかなか売れない……」と不安の声をあげられています。

 

実は、バブル時代に比べれば、確実に中古マンションは売れにくくなっているのです!

 

新築のマンションですら、今は売り余ってしまう時代です。
一度誰かが、住んで、暮らして、劣化してしまったマンションは、そうカンタンには売れません。

 

 

購入した時は、都心なら数千万クラスのマンションだったものが、今の時代、まったく誰の目も引かず、負債となってマンション購入者に襲いかかるということも少なくありません。

 

最悪の場合、中古マンションが売れないことで、自己破産してしまうという方もいらっしゃるほどです!

 

そんな最悪の事態を防ぐためにも、中古マンションが売れ残ってしまう理由と、中古マンションが売れるようになる対策を知っておきましょう。

 

 

アナタのマンション大丈夫?中古マンションが売れない5つのワケ

売れない理由

  • @周囲環境が良くない
  • A外見と内覧の差が激しい
  • B販売価格が相場価格より高い
  • Cネット上で悪い噂や評判がある
  • D不動産会社がそもそも売る気がない

 

中古マンションが売れない理由は、個人のマンションによって違いますが、共通して売れなくなるワケがあります。

 

それが、この5つのワケなのです。

 

アナタのマンションの魅力とは全く関係がない外的要因で、中古マンションが売れなくなり、結果的に自分の経済を苦しめると思うと、複雑な気持になってしまいますよね?

 

それでは、「なぜ中古マンションが売れないのか」に直結する5つのワケを、事細かに解説して行きたいと思います。

 

 

【中古マンションが売れない!】@周囲環境が良くない

今、売りに出している中古マンションを、新築で購入された際の周囲の環境と、今の周囲の環境は劇的と言って良いほど変化していませんか?

 

特に都心にある中古マンションは、5年ほどで、周囲の環境が大きく変わっている場合がほとんどです。

 

つい数年前までは、近くに住んでいる人の質も良く、高級とまではいかないものの、それなりのステイタスのある車が並んでいた駐車場に、今は軽自動車が増えていた……というような変化から見てもわかるように"マンション購入時"と"中古マンション販売時"では、周囲の環境が大きく変わってしまっています。

 

そういった売ろうと思っている中古マンションの、周囲の環境が悪化し、「周囲環境が良くない」と判断されてしまった場合には、せっかくキレイな中古マンションでも売れなくなってしまうのです!

 

 

【POINT】

近くに公園が出来たり、近所に大型ショッピングモールが出来たりすれば、中古マンションでも売れやすくなります。

 

しかし、住民の質が落ちて、トラブルが絶えかったり、近くにあるお店の質が低下したり、そもそもマンションの「売り」だった近所にある大型ショッピングモールや商店街が、廃れてしまったりした場合は周囲環境が良くないと判断されてしまい、アナタのマンションの価値まで下がってしまうことがあるのです。

 

 

【中古マンションが売れない!】A外見と内覧の差が激しい

マンションを購入した時と、中古マンションを売ろうとしている"今"とでは、中古マンションの外見が大きく変わっていませんか?

 

残念ながら日本の中古マンションは、湿気対策をしているため、海外のマンションのように黒カビが目立つことはありませんが、「太陽光」や車の排気ガスによる「煤煙」によって、年数と共に劣化してしまう場合がほとんどです。

 

新築の時はキレイだったマンションも、10年経った今では、色あせてしまい、新築の時の面持ちは、なくなってしまった――というような、外観をしている中古マンションは、売れにくく、残念ながら中古での販売価格も安くなってしまいます。

 

例え、内覧がキレイであっても、中古マンションの外見が悪ければ、中古マンションは残念ながら、非常に売りにくくなってしまうのです。

 

 

【POINT】

中古マンションを購入される方は、内覧も重視しますが、外見を重要視する方がほとんどです。

 

中古マンション購入者の方の中では、内覧<外見という図式が、すでに出来上がっているのです。

 

周囲の環境が良くっても、外見がみすぼらしくなっている場合は、中古マンションが売れない事があるので、注意してください。

 

 

【中古マンションが売れない!】B販売価格が相場価格より高い

当たり前ですが、中古マンションの販売価格が相場価格よりも高い場合は、どんなに良いマンションでも売れません。

 

中古マンションを売りたいと思っている方が「この金額で売りたい!」と自分の思いだけで販売価格を設定しても、同じ程度の中古マンションよりも、金額が高い場合は、全く売れません!

 

自分ではなかなか把握することが出来ない中古マンションの相場価格。不動産鑑定士でなければ、正確な中古マンションの販売価格は算定するのは困難です。

 

だから、自分で決めた中古マンションの売却価格が相場価格を大幅に上回ってしまっている場合があるのです。

 

とりあえず「なんで私の中古マンション、売れないの?」と不満に思っているのなら、販売価格を見直した方が良いかも知れません。

 

 

【POINT】

中古マンションを購入される方が、1番重要視するのが、中古マンションの販売価格です。明らかに高すぎるモノは売れませんが、安すぎても「事故物件なんじゃ……」と警戒されて売れない場合があります。

 

また、中古マンションの販売価格を決める際には、投資金額の回収や先々の経費なども考えて、中古マンションの販売価格を決めるようにしてください。

 

そうでなければ、収支上マイナスになってしまうこともあります。

 

 

【中古マンションが売れない!】Cネット上で悪い噂や評判がある

アナタが売ろうと思っている中古マンションや、その周辺の評価、気にしていますか?

 

飲食店や某販売サイトでの買物の際に、他人の口コミやレビューを気にする人が増えてきました。中古マンションについても、この傾向は強く、事前にインターネット上の「治安」「過去に起きた事件」「人の質」などに関するネット上の情報を重視して、中古マンションを購入される方が少なくありません。

 

例えば、近隣にパチンコ店が多くあり、ヤンキーが多く集まったりしているという情報がネット上で拡散されてしまえば、その周辺の中古マンションの価格は、ガクッと下がってしまいます。

 

もちろん、近隣でたとえウソの情報だったとしても「殺人事件」や「強盗事件」など、新聞記事に取り上げられるような情報がネット上で出まわっていれば、中古マンションの価格もその周辺の評価につられて、下がってしまうので、中古マンションを売る際には、ネット上の悪い噂や評判に気を配るようにしてください。

 

 

【POINT】

中古マンションの近隣の悪い口コミや評判は、そうカンタンになくなるものではありません。しかも、ウソや誤解と言った、口コミや評判であっても、悪いイメージがついてしまうと、その場所の価値が下がってしまうので、中古マンションが売れにくくなってしまいます。

 

中古マンションを売ることを考える際に、自分が住んでいる場所や中古マンションについての情報をネット収集し、その後売却価格を決めた方が良いかも知れません。

 

 

【中古マンションが売れない!】D不動産会社がそもそも売る気がない

すべての不動産会社の社員がまじめに家や、中古マンションを売ろうと思っているワケではありません!

 

どんなに素晴らしい中古マンションであっても、取り扱う不動産会社が悪ければ、何の意味もないのです。

 

私たちは不動産会社は、"不動産を扱うプロ"と勝手に思っていますが、実際のところ、不動産会社と言ってもピンキリで、悪徳不動産会社も少なくありません。

 

しかも、中古マンションの評判ではなく、不動産会社の評判によって、中古マンションが売れなくなっているという状況も、少なくないので、満足行く価格で、中古マンションを売りたいなら、不動産選びが1番重要なのです。

 

次の章では「なぜ、不動産会社を慎重に選ばなければならないのか?」について、詳しく解説したいと思います。

 

 

【POINT】

「不動産会社なんて信用出来ない!」と思っても、自分で不動産を売るのは、素人にはほとんど不可能です。法律上は個人でも、不動産を売ることは出来ますが、中古マンションを売る際の手間や、顧客を探すことを考えるとあまり現実的ではありません。

 

特に中古マンションは、新築のマンションと違って"売り"を前面に出すのが難しく、売り方もカンタンではありません。不動産会社選びは、重要ですが間違っても自分で中古マンションを売ろうとは思わないでくださいね。

 

 

重要なのは不動産会社の選び方!中古マンションが売れない理由は、不動産会社にあった!?

中古マンションを売るためには、不動産会社に販売を委託しなければなりません。

 

部屋を探す時や、マンションを借りる時、中古マンションを売る時などに、不動産会社を選ぶことはありますが、多くの方は不動産会社ではなく、取り扱っている不動産を重視して、不動産を選びます。

 

実際に「中古マンションが売れない!」と嘆いている方の中にも、不動産会社選びの努力を怠っていたがために、売れなくなった中古マンションを抱えるハメになった――という方は少なくありません!

 

もしかすると、アナタの中古マンションが売れない理由は、不動産会社選びにあったのかも知れませんよ?

 

 

不動産会社選びに失敗して起きる4つの不利益

  • @中古マンションを売る気がない
  • A自分が望む顧客に不動産を売らない
  • B中古マンションを売る際のアドバイスをくれない
  • C不動産によって、中古マンションの評価が下がってしまう

 

不動産会社選びを失敗するだけで、中古マンションが売れないだけでなく、こんなに多くの不利益を被ってしまう場合があるのです!

 

大事な中古マンションですから、「中古マンションを売ろう!」と思った時に、不動産会社を選んだとは思いますが、その判断が間違っていたかも知れません。

 

そして、その結果が今の「中古マンションが売れない!」という最悪の自体を招いている可能性すらあります。

 

それでは不動産会社選びに失敗した際に、起きる4つの不利益について、ご紹介して行きましょう!

 

 

【不動産会社選びに失敗!?】@中古マンションを売る気がない

アナタが選んだ不動産会社は、アナタと会った時には「我が社にお任せください!」とか「我が社に売れない不動産はありません!」など自信満々にアピールしていませんでしたか?

 

きっと、そういった営業マンの言葉を信じて、不動産会社を選んだ方がほどんとだと思います。

 

しかし、実際には不動産会社側に「中古マンションを売る気がない」ということがあるのです。

 

不動産業界には、悪習が未だに根付いており、存在しない物件や、売る気のない物件、あるいは価格は安いがワケあり物件を呼び水に、集客を行うという場合があるのです。

 

このような悪習にアナタの中古マンションが巻き込まれてしまった場合は、いつまで経ってもアナタの中古マンションは売れません。

 

不動産会社の中には、アナタの中古マンションを利用して、不動産会社にとって利益が多い物件を押し売りしている場合もあるのです!

 

こういった不動産会社のやり方は、外からではわかりません。アナタが「私の中古マンションなんで売れないのかしら……」と悩んでいたら、その原因が不動産会社の"悪習"にあったなんて、笑えませんよね……?

 

 

【不動産会社選びに失敗!?】A自分が望む顧客に不動産を売らない

誰しもが、売りに出している中古マンションを利用して欲しい、という人は必ずいらっしゃることでしょう。

 

できれば、大切に自分のマンションを使ってくれる人、近所トラブルを引き起こさなそうな、優しい人が良いなど、人それぞれ自分が望むマンション利用者がいるかと思います。

 

しかし、不動産会社選びに失敗した場合は、自分が思ってもいなかったような、顧客に自分の中古マンションを売られてしまう、ということもあるのです。

 

「中古マンションが売れるなら良いや!」と思っていたら、中古マンションを売る際に「トラブルが続発した」「結果的に中古マンションが売れなくって時間だけ無駄にした」というようなトラブルに中古マンションの販売者さんが巻き込まれてしまう事があります。

 

そういった不利益を招かないためにも、不動産会社選びは慎重にならなければならないのです。

 

 

【不動産会社選びに失敗!?】B中古マンションを売る際のアドバイスをくれない

実績があり、確かな不動産会社の営業マンが、アナタの中古マンションを選んだら、今まで売れなかった中古マンションが、あっという間に売れた……なんてことも少なくありません。

 

それこそ2016年に放映されたドラマ『家売る女』の北川景子のように、どんな物件も、売れる客をつかみ、物件が高く売れるように、物件を売るテクニックを持っている営業マンにあたれば、今まで売れなかったアナタの中古マンションが売れるようになるということがあります。

 

一流の不動産営業マンは、"不動産を売るプロ"なので、アナタの中古マンションが売れやすくなるように、アドバイスをくれる場合があります。

 

このちょっとしたアドバイスを実行した結果、今まで売れなかった中古マンションが、すぐに売れたということも少なくありません。

 

不動産会社選びに失敗していたら、実力のない営業マンの自分勝手な、営業スタイルや、社内サポートを受けられていないなどの、不利益があなたに降りかかり、アナタの中古マンションが売れるようになるための、不動産会社の営業マンからアドバイスが貰えなくなっている場合があります。

 

中古マンションが売れるようになるアドバイスをもらえないだけなら良いですが、間違ったアドバイスをされ、そのアドバイスに従って、無駄な出費をしてしまったら、それこそ大きな損害ですよ!

 

 

【不動産会社選びに失敗!?】C不動産によって、中古マンションの評価が下がってしまう

不動産会社選びを失敗してしまうと、好評価で本来ならば高く売れるはずの中古マンションを、安く売るハメになってしまう可能性があります。

 

中古マンションの価値を決めるのは、先にもご紹介した「周囲の環境」「外見と内覧の差」「販売価格」「ネット上の評判」「不動産会」が影響しますが、「ネット上の評判」に悪影響をあたえたのが、不動産会社の営業マンだった――ということもあるのです。

 

中古マンションを購入される方と、アナタとをつなぐのが、契約をした不動産会社ですが、その不動産会社の営業マンが、中古マンションを購入しようと思っていた大事な利用者に対して、正しい接客を行わず、それどころかぼったくろうとして、不当な請求をした場合は、営業マンによってアナタの中古マンションの評価が下がってしまうことがありえるのです!

 

不動産会社で働く人も人間ですから、良い営業マンもいれば、悪い営業マンも数多くいます。

 

アナタの中古マンションを担当した営業マンが、必ずしも良い営業マンとも、優秀な営業マンとも限りません。不動産会社の営業マンのせいで、アナタの中古マンションの価値が下がり、結果的にアナタの中古マンションが売れなくなっているとしたら、アナタはどうしますか?

 

 

不動産会社選びを視野に入れて、中古マンション販売対策を取りましょう!

中古マンションが売れない原因は、もしかすると不動産会社にあるのかも知れません。

 

アナタが思っているほど、不動産業界は"お上品"な業界ではありません。中古マンションの販売に特化している不動産会社の中にも、悪徳業者は存在しますし、悪い不動産営業マンも存在しています。

 

しかし、それをアナタが把握することは困難です。

 

ほとんどの場合は、「中古マンションが売れないのは、この物件のせいなのでは?」と、中古マンションが売れない原因が、中古マンションにあると考えられていますが、必ずしも中古マンションにだけ原因があるわけではないのです。

 

中古マンションが売れない原因の一端が不動産会社にあるということを踏まえつつ、次にご紹介する中古マンションを売れるようになる方法を、実践してください。

 

 

中古マンションが売れるようになる魔法のような方法

中古マンションが売れない原因が、中古マンションにあることと、不動産会社にあることを、解説させて頂きました。

 

この記事を読まれた方の中には、「うちのマンション、もう売れないかも……」と不安にさいなまれてしまった、という方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

しかし、ご安心ください。

 

これからご紹介する3つの方法を実践すれば、まるで魔法にかかったように、今まで売れなかった中古マンションが売れるようになります。

 

 

中古マンションが売れるようになる魔法のような3つの方法

  • @売却価格の見直し
  • Aハウスクリーニングを行う
  • B自分にあった不動産会社を選ぶ

 

中古マンションが売れるようになるための方法は、決して難しいものばかりではありません。

 

本当に「ちょっとしたこと」がきっかけで、今まで全く売れる気配すらなかった、中古マンションがあっという間に売れるようになることがあるのです。

 

それが、この3つの方法です。

 

それでは、それぞれの方法について、そのコツを踏まえつつ紐解いてまいりましょう。

 

【中古マンションが売れる!】@売却価格の見直し

アナタは直感だけで、中古マンションの販売価格を決めていませんか?

 

確かに投資金額の回収のためには、ある程度高い価格で売らなければならないのは理解できます。しかし、どんなに高い価格をつけても、中古マンションが売れなかったら意味がありません!

 

まず、中古マンションを見る人の目を惹くためにも、現在の中古マンションの売却価格を見直しましょう。

 

売却価格を見直しただけで、今まで見向きもされなかったマンションに、観覧希望者が殺到した、ということもあるので、中古マンションの販売価格は非常に重要な変更ポイントなのです。

 

 

【売却価格の見直すコツ】

売却価格の見直すコツは、ずばり中古マンションの相場価格を調査することです。ネットや情報誌などの情報を参考に、中古マンションの価格を決めるのも1つの手です。

 

また、実際に自分が中古マンションを購入する顧客として、不動産会社に潜入し、他の方の中古マンションの金額を確認。内覧やその中古マンションの評価などを踏まえた上で、改めて自分が売ろうと思っている中古マンションの販売価格を決めるという方法もありますよ!

 

他にも、ネットで自分と似たマンションを調べて、似たマンションの販売価格を参考に、売却価格を見直すという方法もありますが、できれば"生"の情報を知るためにも、最低でも1度は不動産会社に顧客として潜入し、他の中古マンションの販売状況は確認して欲しいところです。

 

やはり、自分ので集めた情報は、それだけ信頼度が高く有益で、自分の中古マンションの売却価格を決める際に、役に立ちますから。

 

 

【中古マンションが売れる!】Aハウスクリーニングを行う

当たり前ですが、汚い中古マンションよりも、キレイな中古マンションの方が高く売れます。

 

販売価格を変更し、実際に内覧された顧客候補を逃さないためにも、自分が出来る範囲でハウスクリーニングを行ないましょう。わざわざお金をかけて、業者にハウスクリーニングを依頼する必要はありません。

 

アナタが売ろうと思っている中古マンションの状況に合わせて、マンションの中を、クリーニングするだけでも、十分に顧客候補へのアピールとなります。

 

ただし、自分の手でハウスクリーニングを行う際は、顧客が気になる「水回り」や「玄関」「ベランダ」部分に関しては、100均のアイテムなどを使いつつ、入念にクリーニングされることをおすすめします。

 

 

【内覧の際の注意点】

ハウスクリーニングをして、キレイになったマンションに、顧客候補を入れる際には極力中古マンションの中に物をおかず、内覧の際には家族がいないようにしましょう。

 

たったこれだけのことですが、顧客候補に部屋のキレイさをアピール出来るだけでなく、家族の気配を感じさせないことで、アナタの中古マンションに洗練された雰囲気をプラスすることが出来ます。

 

アメリカでは内覧初日を購入希望者と決め、その日までに掃除や整理整頓をきちんと行う、という当たり前のことが徹底されています。しかし、日本ではこの"当たり前"のことが実施されることが少なく、「本当にこのマンションを売る気があるのか?」と思うような状況で、顧客候補を家に通す方も少なくありません。

 

もちろん、そんな状況で顧客候補の方を家に通せば、購入意欲が減退するだけでなく、中古マンション自体の評価も下がってしまうことは明白です。

 

だから、ハウスクリーニングだけでなく、内覧の際には家の掃除や家具の整理、家族には出掛けてもらうこのことを徹底させてください。

 

 

 

【中古マンションが売れる!】B自分にあった不動産会社を選ぶ

中古マンションを売るために1番重要なことは、自分にあった不動産会社を選ぶことです。

 

自分にあった不動産会社を選ぶことは、難しいことのように感じますが、不動産会社一括査定を行うことで、自分にあった不動産会社を選ぶことが出来ます。

 

この不動産会社一括査定とは、「車の一括査定」のように、自分の中古マンションの査定を、複数の不動産会社に一括査定してもらい、各不動産会社の販売価格サービスを比較することで、自分にあった不動産会社を選ぶことが可能です。

 

「不動産会社を見直そうかしら……?」とお考えだった方は、ぜひ不動産会社一括査定を行ない、今の不動産会社と、一括査定で気に入った不動産会社を比べて見てはいかがでしょうか?

 

 

【不動産一括査定はメリットがいっぱい!】

「不動産会社一括査定」はあまり知られていませんが、実は2005年代から、すでに存在しており、今ではマンションなどを販売する際に、不動産一括査定サイトを利用するのが、スタンダードスタイルとなりつつあります。

 

多くの人が、不動産一括査定を選ばれる理由は「手軽」だからです!

 

不動産一括査定を行えば、わざわざ自分で不動産会社を調べて、不動産会社に行って、話をして……という手間を大幅に省くことが可能です。さらに、売ろうと思っている物件の価格を、複数の会社から比較できるので、一番高く売れる不動産会社を選ぶことが出来る、というメリットもあります!

 

また、仕事が忙しくって、なかなか不動産会社に行く暇がない、という人もネットから、不動産一括査定を行えるので自宅にいながら、不動産会社を比べることが出来るんです。

 

このように、不動産会社一括査定には、さまざまなメリットがあるのです!

 

 

すべての方法を実践することで、アナタの中古マンションは必ず売れる!

ご紹介した3つの方法を実践することで、アナタの中古マンションは必ず売れるようになることでしょう。

 

1つずつ行っても、もちろんアナタの中古マンションが売れやすくなりますが、確実に中古マンションを売りたいとお考えなら、ご紹介した3つの方法はすべて実践すべきです。

 

どの方法も、お金がかかる方法ではありませんし、ハウスクリーニングも自分で行えれば、かかるコストを大幅に下げることが出来ます。

 

今、まさに「中古マンションが売れない」とお悩みの方は、この3つの方法を必ず実践して、中古マンションが売れるように、がんばってください!

 

 

もう「中古マンションが売れない!」と悩む必要はありません

今まで「なぜ、自分のマンションは売れないんだろう」と思っていた方の、疑問に応えることが出来たのではないのでしょうか?

 

バブル期であれば、中古マンションなんて、飛ぶように売れていましたが、現在はそうカンタンに中古マンションは売れません。周囲の状況は、3年ほどで大きく変化し。

 

世の中のスピードがどんどんと速くなっているため、一昔前よりも確実に中古マンションは売れにくくなっています。

 

「中古マンションが売れない!」と不安に思っていながら何もせず、手をこまねいては、アナタの中古マンションの販売価格は、どんどんと下がり、思いもよらぬ安値で売る結果になってしまうかも知れません。

 

そういった"最悪の状況"を避けるためにも、今からやれることをはじめようではないですか!

 

中古マンションなどの、中古物件はスーパーで売られている魚と一緒で、時間が立つほどに、金額が安くなってしまいます。中古物件は魚のように、腐ることはありませんが、捨て値同然で売られることはあります。

 

そうならないためにも、アナタの中古マンションの販売価格等を見直し、自分にあった不動産会社を選んで、中古マンションが売れる状況を作ることこそが重要なのです。

 

「時は金なり」今、何もしない状況が続けば、アナタの中古マンションの価格を、今よりもずっと下げなければならなくなるかも知れません。

 

そうならないためにも、最低でも不動産会社の見直しだけでも良いので、はじめてください。